仕舞った使わない切手、結構高値で売れるかも!?

切手の価値を知っておこう

切手の価値は低くなっていると言われていますが、価値を熟知する鑑定士に査定をして貰う事でどのくらいの価値が在るのかを知ることが出来ます。
切手ブームが起きた1960年代以降の切手の多くは額面を下回る金額で買取りが行われる事が多くありますが、これは全ての切手ではなく、中には高価で買取りして貰えるものもあります。
例えば、1964年発行の東京オリンピック記念切手には5種類の切手が発行されており、5種類の切手を1枚ずつ収めた小型シートは額面を上回る金額で買取りされるケースが多くありますし、1970年発行の日本万国博記念切手の切手帳、地域限定発売になっているふるさと切手シリーズなども高く売ることが出来る切手です。

切手を高く売るコツとは?

切手を高く売るためには切手の保管状態が大きく影響を及ぼすことになりますが、仕舞い込んで在る切手の保管状態が良いものは高く売ることが出来ます。
また、古い時代の切手と言うのは長期保管が行われているため、裏面の糊が剥がれている、裏面が日焼けしていると言う事も在りますが、1960年以前の切手の中でも残存数が少ないものはプレミアが付いているものが多く在りますし、そのような切手がシート単位になっていることで高額での買取りも可能なケースもあります。
切手の価値は、切手の状態、残存数などによるため、保管している切手の状態が良く、残存数が少ない切手は高価買取りになる事もあるなど、全ての切手の価値は低迷しているわけではないのです。